株式会社イーエムエンジニアリング

環境事業

HOME >  環境部 >  産業用蓄電池再利用

産業用蓄電池再利用

産業用蓄電池再利用

捨てられる蓄電池には、まだ使える物もたくさんあります!

電気車用蓄電池は交換時期が来たらすべて新品に入れ替え、古いものは産業廃棄物として廃棄されてしまうのが現状です。

リコンディション処理とは、電気特性を回復させる処理のことです。

中古蓄電池にリコンディション処理を施した後、リユース蓄電池として再利用します。

中古蓄電池
リコンディション延命処理
評価
組電池出荷

リユース蓄電池で調達コスト削減

[削減額概算シミュレーション]

1.算定条件

・蓄電池駆動式高所作業車保有台数:250台

・蓄電池寿命(平均):5年で交換するものとして

・年間蓄電池交換台数:250台÷5年=50台/年

2.年間蓄電池調達コスト(10年リースとして試算)

① 現状(新品蓄電池) :

   50台×70万円/台=3,500万円

② 将来(リユース蓄電池) :

   50台×30万円/台=1,500万円

年間2,000万円程度の調達コスト削減が可能!

リユース蓄電池で環境負荷(CO2)排出削減

製造時におけるCO2排出量約18.9kg(50個使用で約945kg)
CO2の吸収に必要な杉の本数 約68本
リユース時におけるCO2排出量約0.3kg(50個使用で約15kg)
CO2の吸収に必要な杉の本数 約1本

高さ22m、胸高直径26cmの50年生杉が、1年間に吸収する量約14kgから植樹効果を算出

(出典:環境庁/林野庁「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」)

高所作業車のリユース蓄電池再利用による循環型社会構築

メンテナンス会社(地域サービス拠点)
リユース工場(中古蓄電池をリコンディション処理)

ページの先頭へ

Copyright (C) EM ENGINEERING CO.,LTD. All Rights Reserved.